ヨガで幸せホルモンのセロトニンを増やせる

ヨガ呼吸法

セロトニンはどこから?

セロトニンは、脳内で分泌されるものと認識されている人が多いと思いますが、実はセロトニンのほとんどが腸で作り出され分泌されていることが分かり始めています。幸せホルモンと呼ばれるセロトニンの約9割は、腸で作られ、血液によって脳に運ばれているのだそうです。神経物質なわけですから、全身に存在するということになります。

セロトニンの役割

セロトニンは、交感神経系を刺激し血圧や心拍数を上昇させます。また 体温調節をして元気な状態を維持する効果があります。これによって、精神を安定させたり、やる気や興味といったポジティブな感情を維持することを助けていると言われています。また、しっかりと熟睡するために欠かせない物質でもあります。セロトニンが眠りを促すメラトニンというホルモンの基になるからです。十分なセロトニンが体内や脳内に存在して働いていれば、不安な気分やネガティブな感情を適度にコントロールし、記憶力や学習能力を高め、運動や呼吸を適切に行っていけるのです。

セロトニン不足の影響とは?

セロトニンが不足すると日常生活のさまざまな場面で支障が出てきます。身体面では、疲れやすい、過食や拒食の症状、睡眠障害、肩こりや頭痛の頻発、冷え、免疫力の低下、胃腸の不調が起こりやすくなります。精神面では、やる気が起きない、集中や記憶が困難、イライラしたり、焦ったり、キレるなどが起こりやすくなります。また感情のコントロールが難しく、衝動的行動や言動、何事にも過敏になるなど緊張状態が続くことになるでしょう。結果的に心身共にストレスを溜めやすい状態に陥ってしまうのです。上記に上げたメカニズムと要素の重なりによって、セロトニン不足で不眠症を抱える人が多いようです。

セロトニンとストレスの関係

セロトニン不足の大きな原因のひとつがストレスです。双方向からの消耗が考えられます。セロトニン不足によってストレスを受けやすく溜めやすい状態になることに加えて、ストレスはセロトニンを大量に消耗するものなのです。ですから、ストレスの軽減という点もセロトニンを体内に保持するためにも心掛けなければならないということです。

ストレスの他にも、腸内環境の悪化、対人コミュニケーション不足、生活習慣の不摂生、運動不足、太陽を浴びない生活、偏った食事からの栄養不足、そして加齢するごとに不足しやすくなると言われています。

ヨガの何がセロトニンを増やすのか?

ヨガをすることでストレスの解消に繋がることはよく知られていることです。上記に上げたセロトニン不足の原因になることの多くを解消できることは、お分かりいただけるのではないでしょうか。運動不足も解消します。食生活への配慮は必要ですが、腸に働きかけるポーズもあれば、深い呼吸は自然に腸の刺激になるでしょう。

ヨガの呼吸の効果によるところがとても大きいと考えられます。丹田呼吸法など、腹式呼吸で副交感神経の働きを高め、意識的にリラックス状態を作ることができます。このことによって、セロトニンの消耗や不足してしまうことを防ぐこともできているのです。もちろんポーズをとって身体を動かして行くことでも脳内にセロトニンの分泌があることが分かっています。

ヨガ ヨガ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

なぜヨガで痩せるのか3つの理由

ヨガで緩和する背中の痛みのほぐし方

ヨガのポーズ一覧

身体が硬い人のヨガ驚きのその硬さの訳

朝ヨガポーズと注意事項

ヨガの完全呼吸法をマスターしよう

肩立ちのポーズの克服法

初心者でも効果的に学べる!全米ヨガアライアンスについて