ヨガで巻き肩矯正!まずは歪み度を確認しよう

デスクワークに多い巻き肩

私たちの身体は、常に重い頭を支えているので、前かがみになりやすいと言われています。前かがみになると肩も前に出やすくなります。身体の前側が縮んでいる状態がラクに感じる人がほとんどだと思います。そこに長時間のデスクワークが加わると、その前傾姿勢が習慣になってしまいます。猫背のまま、巻き肩のままとなりやすいのです。姿勢が変わると、体調や心境にも影響が出てきます。このことがデスクワークの人の肩こり、背中のゆがみ、腰痛、骨盤のゆがみ、ストレートネックなどを発生させ、緊張状態がひどくなるとメンタル面にも影響を及ぼすことがあると言われています。一日一回でもいいので、この悪い姿勢を改善するためのストレッチやポーズを心掛けてみましょう。肩が内側になっていることというのは自分では気付きにくいものです。一度、チェックしてみてください。

巻き肩をチェックする方法

巻き肩かどうかをチェックする方法は実はたくさんあります。仰向けになって両手を背中の下に入れて、肩が浮き上がってしまうなら巻き肩の可能性があります。またまっすぐに立ってみて、力を抜いて手を下に下します。その時の手の甲の向きを観察してみましょう。手の甲が横ではなく前を向いているほど巻き肩の可能性が高くなります。これは仰向けになったときにも同じようなことが言えます。身体に沿って腕を伸ばしたときに、無意識だと手の平が上に向くか、床についているかで巻き肩の可能性が分かります。この場合は、手のひらが下に向いていれば巻き肩の可能性があることになります。壁に沿ってまっすぐ立ってみることでも分かります。かかと、ヒップ、後頭部を付けた状態で肩が壁につけられるかどうか、そのためにどれくらい肩を意識して動かす必要があるかでも巻き肩度が分かるでしょう。自然な状態で肩甲骨だけが付いている場合は巻き肩の可能性が高いです。

巻き肩矯正のワンポイント

巻き肩を矯正したいときは、肩の先から乳首を結ぶラインにある筋肉をストレッチすることが大変効果的です。巻き肩気味の人はこの筋肉が硬くなったり、短くなったりしています。伸ばすことで巻き肩を改善するだけでなく、バストアップ効果を期待することもできます。呼吸がラクになることを感じられる人も多いです。

巻き肩を矯正するポーズ

ネコの背伸びのポーズ
1. 正座から始めましょう。
(呼吸を整えます)
2. 四つ這いの姿勢になります。
3. 息を吐きながら、ゆっくりと両手を前に滑らせます。
4. 両腕を前に伸ばし切り、上半身を反らせていきます。
(呼吸がきつくなる前に止めます)
(お尻の位置を変えないように意識します)
5. 顔は下向きで額、アゴどちらかをつけます。
6. 可能な人は、脇をさらに伸ばして胸を床に押し下げていきます。
7. 手のひらはピッタリと床につけておきます。
8. この姿勢で深い呼吸を5呼吸、30秒ほどを目安に繰り返します。
(吐く息で、胸をさらに床に押し下げます)
(呼吸を止めないように意識を向けましょう)
9. 腕をゆっくり曲げて、顔の横の床につきます。
(腕を動かすのが難しい人は、腕で上半身を少しでも浮かせて
お尻を落とすことを先に行ってもいいでしょう)
10. 腕で床を押して上体を持ち上げます。
11. 四つ這いの姿勢に戻り、呼吸を落ち着けます。
12. 2、3回繰り返してみましょう。

ヨガ ヨガ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

初心者でも始めやすい総合習得のクリバルヨガ

ヨガ中に飲む水の役割とその種類

ヨガポーズとヨガのメリット

女性なら知っておきたいヨガとホルモンの関係

太ももを鍛えてすらり脚を手に入れるヨガ

身体が硬いからこそヨガを楽しめる理由

なぜヨガで痩せるのか3つの理由