ヨガでダイエットを成功させるための秘訣

太るのはなぜから考える

ダイエットをしたい人は、脂肪がついた原因を知りましょう。脂肪がつくことの原因は驚くほどたくさんあります。誰もが思いつくのは、カロリーの過剰摂取ですよね。太るには、サイクルがあります。過剰摂取が続くと余分な栄養は脂肪となります。脂肪は私たちの身体にとってなくてはならないものですが、余計についていると体内機能の障害になったり、日常生活での動きに制限を掛けてしまいます。暴飲暴食は消化器官の負担になり、スムーズに消化や排泄をする機能が低下します。ストレスが暴飲暴食の原因になっていることもあります。そしてカロリーを余計に取ってしまうことに繋がることもあるのですね。カロリーは、すぐに摂取できますが、カロリー摂取は適切な筋肉量と運動の分だけしか消費されません。運動不足になると筋力も低下するので基礎代謝率も下がります。こうして挙げた中にも、改善点がたくさん見えてくると思います。すべてのバランスが整ったときに、最適なスタイルに近づいていけるのです。自分に必要な改善点は何だと思いますか?

ヨガでダイエットは可能

ヨガでのダイエット、シェイプアップは可能です。痩せることが自分の身体にとって必要なことであれば、ヨガをすることで整えることができます。でも、ヨガ=痩せるではないことを知っておきましょう。例えば、体力のない人は筋肉量が少ないです。ヨガは適切な筋力まで導いてくれるものなので、体力がついてくると一時的に体重としては増えることも考えられます。脂肪よりも筋肉が重いからです。今まで身体の中にあった脂肪が減り、筋肉が増えると、体重は増えるでしょう。しかし、これは基礎代謝を上げるためにも必要なことです。基礎代謝が高い身体は痩せやすい、もしくは脂肪のつきにくい体質でもあるのです。つまり、ヨガでのダイエットはリバウンドしにくいというメリットが付いてくるのです。ヨガをしていくと、全身の筋肉バランスが整ってきます。全体の筋肉バランスが整うことのメリットは、見た目が良くなるだけでなく内臓を適切な位置で支えることができます。そして内臓が適切な働きをして、ヨガのポーズによってその機能をさらに促すこともできてきます。このことが結果的にダイエット効果に繋がっていくのです。

ヨガのダイエット効果を得るためには

ダイエットをしたい人も、ダイエット効果にフォーカスすることから意識を外してみましょう。即効で効果が見込めるものではありません。ヨガによってストレスが解消されて、暴飲暴食をすることが減ったという人は多いものです。この点は、ダイエットにも大きく影響してきます。ヨガで血行が促進されることで冷えの改善に役立ちます。単に体が温まるというだけでなく、血液は必要な酸素や栄養素を全身に巡らせ、要らないものをきちんと流す役割もあります。ヨガでは、日常生活であまり使わない筋肉や骨格もまんべんなく動かして柔軟にすることと適切な筋肉を得ていくことができます。ですから本来は、特定のポーズだけを続けるよりも、全体的に身体を動かすシークエンスを行ったほうがいいのです。ぜひこれらの効果を感じるまで継続してみましょう。効果が感じられるころには、体重や見た目の変化もきっと出てきているはずです。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

初心者も学べるヨガシャラ!鹿児島県のヨガスタジオについて

ヨガ用語プラーナ、プラナヤーマ、ヴィンヤサ

パワーヨガの概要

ヨガブームの火付け役!パワーヨガ

ヨガとストレッチの微妙だけど明らかな違い

ヨガのポーズ一覧

身体が硬い人のヨガ驚きのその硬さの訳