マタニティヨガの特徴・ヨガでダイエットを成功させるための秘訣

ヨガマット

マタニティヨガは、妊娠中でもヨガを楽しめるように構成されたヨガのプログラムのことです。
妊娠中でも無理のないポーズや呼吸を集中して行うことで、肩凝り、腰痛、冷え性、便秘などの妊娠中に多い悩みを緩和します。

マタニティヨガの特徴

マタニティヨガを毎日定期的に行うことで、自分の体や心の状態、赤ちゃんとのふれあい、日々の生活など、自分を取り巻く環境について整理するきっかけにすることができます。
忙しいときは一つのポーズを実行するだけでも、気分転換やリラックスのきっかけにすることができます。仕事や家事の合間など、少しの時間があればマタニティヨガは実行できます。
妊娠中にヨガを頑張れば、産後の回復力も向上するので、出産時によいスタートを切ることができます。

マタニティヨガと瞑想

マタニティヨガを通じて瞑想の習慣を会得することで、胎児とコミュニケーションをとる能力を向上させることができます。
ゆっくりと瞑想する時間を作ることで、ストレスが溜まりがちなマタニティライフにおいて、静かに自分と向き合う習慣を得ることができます。

スタジオでマタニティヨガ

マタニティヨガはヨガのスタジオでも実施していることがあります。参加する条件は様々ですが、スタジオによっては担当の主治医や助産師からヨガなどの運動をしてもよいという許可が必要な場合もあります。
スタジオやスポーツジムでのマタニティヨガは同じ妊婦同士が大勢集まるので、お互いに共通の話題を作ったり、悩みを話し合ったりできます。

マタニティヨガの呼吸法

マタニティヨガを行う際の基本的な呼吸法は、通常のヨガと同様に腹式呼吸です。口で息を吸うのではなく、鼻で深い呼吸を行います。
腹式呼吸の特徴は、胸部ではなく腹部に深く空気を入れてくことです。鼻から息を吸ってお腹に空気を溜めていくと、やがて体全体が膨らんで後ろへ動くような感覚があります。その後、息を最後まで吐き切ると、体全体がしぼんで前に戻っていきます。
深い腹式呼吸を上手に行えるようになると、体の隅々に酸素が行き渡り、体が温かくなってきます。それによってくつろいでストレスを解消できます。

マタニティヨガの服装と持ち物

マタニティヨガの服装は、ゆったりとした服装を心がけることが大切です。お腹が大きくなってくると、体を締め付けるタイトな服は着るのが難しくなってきます。専用のウェアだけでなく、動きやすい大きめのシャツやレギンスも便利です。
マタニティヨガをする際は、ヨガウェアなどの動きやすい服装、ヨガマット、補助用ブロック、汗を拭くタオル、水分を補給するための飲料などがあると便利です。
ヨガマットがないときは、バスタオルや毛布を薄く折って使い、関節を痛めないように気をつけてくださいね。立って行うポーズでは滑りやすいので、ヨガマットがないときは外しましょう。
妊娠の週数が進むと体が重くなって関節に負担がかかりやすくなるので、ヨガマットを使うと安心です。マットがないときは、毛布やバスタオルを薄く折って代用することができます。その場合は、フローリングの上で使用すると滑りやすくなるので注意します。

まとめ

マタニティヨガは妊娠中でも無理なく行えるヨガです。静かに自分と向き合う時間を作ったり、妊娠中の肩こりや冷え性を改善することができます。
マタニティヨガは深い腹式呼吸で行います。ゆったりした服装やヨガマットを使用すると、体や関節を痛めにくくなります。

太るのはなぜから考える

ダイエットをしたい人は、脂肪がついた原因を知りましょう。脂肪がつくことの原因は驚くほどたくさんあります。誰もが思いつくのは、カロリーの過剰摂取ですよね。太るには、サイクルがあります。過剰摂取が続くと余分な栄養は脂肪となります。脂肪は私たちの身体にとってなくてはならないものですが、余計についていると体内機能の障害になったり、日常生活での動きに制限を掛けてしまいます。暴飲暴食は消化器官の負担になり、スムーズに消化や排泄をする機能が低下します。ストレスが暴飲暴食の原因になっていることもあります。そしてカロリーを余計に取ってしまうことに繋がることもあるのですね。カロリーは、すぐに摂取できますが、カロリー摂取は適切な筋肉量と運動の分だけしか消費されません。運動不足になると筋力も低下するので基礎代謝率も下がります。こうして挙げた中にも、改善点がたくさん見えてくると思います。すべてのバランスが整ったときに、最適なスタイルに近づいていけるのです。自分に必要な改善点は何だと思いますか?

ヨガでダイエットは可能

ヨガでのダイエット、シェイプアップは可能です。痩せることが自分の身体にとって必要なことであれば、ヨガをすることで整えることができます。でも、ヨガ=痩せるではないことを知っておきましょう。例えば、体力のない人は筋肉量が少ないです。ヨガは適切な筋力まで導いてくれるものなので、体力がついてくると一時的に体重としては増えることも考えられます。脂肪よりも筋肉が重いからです。今まで身体の中にあった脂肪が減り、筋肉が増えると、体重は増えるでしょう。しかし、これは基礎代謝を上げるためにも必要なことです。基礎代謝が高い身体は痩せやすい、もしくは脂肪のつきにくい体質でもあるのです。つまり、ヨガでのダイエットはリバウンドしにくいというメリットが付いてくるのです。ヨガをしていくと、全身の筋肉バランスが整ってきます。全体の筋肉バランスが整うことのメリットは、見た目が良くなるだけでなく内臓を適切な位置で支えることができます。そして内臓が適切な働きをして、ヨガのポーズによってその機能をさらに促すこともできてきます。このことが結果的にダイエット効果に繋がっていくのです。

ヨガのダイエット効果を得るためには

ダイエットをしたい人も、ダイエット効果にフォーカスすることから意識を外してみましょう。即効で効果が見込めるものではありません。ヨガによってストレスが解消されて、暴飲暴食をすることが減ったという人は多いものです。この点は、ダイエットにも大きく影響してきます。ヨガで血行が促進されることで冷えの改善に役立ちます。単に体が温まるというだけでなく、血液は必要な酸素や栄養素を全身に巡らせ、要らないものをきちんと流す役割もあります。ヨガでは、日常生活であまり使わない筋肉や骨格もまんべんなく動かして柔軟にすることと適切な筋肉を得ていくことができます。ですから本来は、特定のポーズだけを続けるよりも、全体的に身体を動かすシークエンスを行ったほうがいいのです。ぜひこれらの効果を感じるまで継続してみましょう。効果が感じられるころには、体重や見た目の変化もきっと出てきているはずです。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ヨガの効果リラックス

身体をすっきりと目覚めさせる朝ヨガのすすめ

朝ヨガポーズと注意事項

ヨガ効果を高めるための食事・岡山県のヨガスタジオ

ヨガ

柔軟性を高め経絡の活性化する陰ヨガ

ヨガ

ヨガマットの選び方とコツ・武蔵小金井のスタジオについて

ヨガで柔軟性を高めるための大切なポイント

丹田呼吸法とセロトニンの関係