ポーズを簡単に!確実に!椅子ヨガと壁ヨガのすすめ

椅子ヨガの効果と普及

椅子ヨガは伝統的なヨガとは少し概念が異なるかもしれません。しかし、身体や心への効果はヨガと同じようなものが得られます。肩こり、腰痛、眼精疲労、睡眠障害の改善、メタボリックシンドローム予防、運動不足の解消などにも有効とされています。また、椅子ヨガは椅子があればどこでもできることから、オフィスのストレスマネジメント、パフォーマンスの向上対策の一環として取り入れられることも増えてきています。コミュニケーションを円滑にするツールとしても有効のようです。身体への負荷が低いことで、介護施設、福祉施設、教育機関などでも取り入れられているようです。

家でもオフィスでも可能な椅子ヨガ

誰にでもできるという点が椅子ヨガの最大のメリットです。ヨガの完全なポーズを取るのが難しいと感じる人や、ヨガレッスンを受けに行く時間がないという人には、美容や健康を保つために有効なエクササイズになるでしょう。好きな時間に好きな場所で取り組むことができます。また、椅子という支えがあることで安心して身体を動かせるという点もメリットですね。マットや着替えをする必要もなく手軽に気軽に取り組むことができます。その分、日課にして継続していくことも簡単になるでしょう。一般的なヨガポーズよりも断然、簡単に行えるので、リラックス、リフレッシュを重視して、呼吸を忘れずに行っていくといいでしょう。一日の中で同じ姿勢をとっていると血流も気持ちも滞ってしまうものです。気分転換には持ってこいだと思います。

壁ヨガのレッスンの特徴

壁ヨガでは、上記でご紹介した椅子ヨガと同じく、いつでもどこでもエクササイズに取り組むためのポーズも学ぶことができます。ヨガポーズとしての名前がなくても、ストレッチして柔軟性を高めることを目的にされています。さらに、壁ヨガをヨガを行っているすべての人におすすめしたい理由として、通常のヨガレッスンで行うポーズを上達させるための動作が学べるという点が挙げられます。慣れないポーズというのは、自分の筋力や柔軟性、バランス感覚をアップさせていきながら徐々にできるようになるものです。壁の補助を活用することで、たとえ完全なポーズがとれていない段階でも、自分の精一杯のところまで動かしていくことが可能になります。その地点に到達することが上達へのスタート地点になるので、日頃のレッスンのための練習としても有効と言えるでしょう。

安心安全にポーズの上達!壁ヨガ

壁ヨガは、壁を支えにしたり、壁でポーズを簡単にしたり、壁をポーズの調整のバロメーターにしたり、壁でポーズの確認の目安になったりとヨガのポーズの上達にとても有効になる壁を使ったヨガです。壁は通常まっすぐですから、自分の身体のゆがみにも気づくことができます。支えなしだと不安定になりがちなポーズでは、しっかりとホールドすることができずになかなか効果を得ることに繋げていけないものです。壁があることでだんだんと完成ポーズに必要なバランス力や筋力を身に付けていくことができます。上級者にとっても、自分のアライメントを確認したり、さらに柔軟性を高めたりすることに有効なヨガと言えるでしょう。

ヨガ ヨガ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

瞑想効果を高めるマントラ呼吸法

初心者も楽しめる水中ヨガやアロマヨガ!武蔵小金井のスタジオ

効果が高いアサーナのポーズを習得!ヨガスタジオラポール

ヨガのポーズにある動物名のサンスクリット語

ヨガ

呼吸の基本 右鼻と左鼻の役割の違いとクンバク

NO IMAGE

食生活の思想も含んだジヴァムクティヨガ