パワーヨガの概要

いわば現代のヨガともいえるパワーヨガは、アシュタンガヨガをベースとしてアメリカで考案され、欧米を中心に人気を集めています。伝統的なアシュタンガヨガを取り入れながらも現代人の体質やライフスタイルなどに合わせてより自由な内容へとアレンジしたもので、比較的短時間で効果を実感できるため、アメリカのセレブリティが火付け役となり、世界に広まりました。ボストンで活躍するバロン・バプティスト(Baron Baptiste / 1963〜)やロサンゼルスのブライアン・ケスト(Bryan Kest / 1964〜)が第一人者として有名です。パワーヨガは、呼吸と動作を連動させていくアシュタンガと、一つ一つのアサナを正確に調整させていくアイアンガーを組み合わせたものとも言われており、「動」と「静」のポーズを流れるように連続的に行うことにより、アサナの自由度がより高く運動量の多いシークエンスが展開されていきます。筋力トレーニングの要素も取り入れており、それによってもたらされる瞑想的な状態にポイントを置き、身体能力の強化と集中力を高めることを目的とした、パワフルなエクササイズです。また、身体の肉体的強化にとどまらず、ヴィンヤサとアサナの連続により、理想的な姿勢や呼吸が養われ、柔軟性の高い心も身につけることが出来るでしょう。

パワーヨガのポイント

基本的にアシュタンガヨガをベースとしており、アサナは片側だけを集中して行い、より身体的な負荷をかけていきます。それと同時に核アサナを調整し、より瞑想的な姿勢、そして強い精神も養っていくことを目指しています。このアサナの調整や、瞑想的に長時間アサナをキープするところはアイアンガーヨガからも影響を受けているといえるでしょう。太陽礼拝の一連の流れでウォーミングアップを行ったあとは、上腕、下半身、と部位別に強化していくアサナ、股関節の柔軟性を高めていくアサナ、腹筋などを強化したあと、座位のアサナに入り、リラクゼーション性の高いアサナを経てシャバーサナへ、ここで瞑想を入れるクラスもあるが、スピリチュアルな要素はあまりありません。運動量は非常に多く、代謝や発汗性が高まるエクササイズ的な要素が高いため、身体をたくさん動かしたい方にとっては最適なクラスとなっています。運動量は多いのですが、筋肉への負担は少なく、比較的短期間で肉体の強化をおこなうことが出来、高いダイエット効果も期待できることから、ハリウッドのセレブリティたちをはじめ、世界中で美容法としても広く取り入れられているヨガでもあります。また、肉体の強化だけでなく、アシュタンガヨガをベースにして作られたという背景からも、ヨガの呼吸法にポイントを置いており、精神面においても効果的の他ストレス解消にも役立ってくれます。

パワーヨガの講師

綿本 彰:日本ヨガ瞑想協会 会長。綿本ヨーガスタジオ主宰。
全米YOGAアライアンス 500時間YOGA指導者トレーナー(E-RYT500)。
幼い頃より、父であり、同協会の名誉会長である故綿本昇師からヨガを学ぶ。インドでヨガやアーユルヴェーダを研修後。帰国し、1994年にヨガの指導をスタートする。2003年には日本で初となる、パワーヨガ専門スタジオ「綿本パワーヨガスタジオ」をオープンし、ヨガの指導と指導者の育成にあたる。

まとめ

肉体的、精神的にも鍛えることが出来るということで、最近では男性でも受ける方が増えています。各地でレッスンを受けることが出来、ダイエット目的の方にもおすすめです。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

橋のポーズのやり方注意点

数息観での瞑想法とマインドフルネス瞑想の効果とやり方

姿勢と身体の巡りを整える骨盤調整ヨガ

初心者のポーズの練習に最適!ヨガに効果的なミュージックCD

朝ヨガポーズと注意事項

ヨガでシシャモふくらはぎ脱却!脚に効くポーズ集

初心者も楽しめる水中ヨガやアロマヨガ!武蔵小金井のスタジオ

ヨガポーズとヨガのメリット

ヨガの体勢ごとに覚えるサンスクリット語