ストレス性便秘におすすめのヨガポーズ集

ストレス性の便秘が増えている

ストレスで真っ先に影響を受けるのが自律神経です。交感神経が優位に働き続ける症状が出てくるのですが、この自律神経と腸の働きには密接な関係があり、ストレスによって、腸の働きが鈍ってしまったり、逆に過敏になり過ぎたりということが起きてくると言われています。腸への働きかけは、朝に腸の蠕動運動が活発に働くようにすることがポイントの一つになります。

ストレスなら胸も同時に開く

ストレスを受けている場合は、腸への働きかけと同時に、胸郭を積極的に開く動きを取り入れることで気分的にも明るく、リフレッシュすることができるでしょう。このような目的で便秘の解消を図れるヨガのポーズを3つご紹介します。

ストレスと便秘を緩和するヨガポーズ

ブジャンガアーサナ(コブラのポーズ)
1. うつ伏せでまっすぐの姿勢になります。
2. 両足先は腰幅程度に離して、足の甲を床につけます。
3. 両手の平を胸の真横床につきます。
(手のひらはパッと開いて中指が正面を向くようにします)
4. 脇を締めて、曲げた腕を上体に沿わせておきます。
5. 息を吸って手で床を押し、上体を起こします。
6. 腰の伸び、背筋の反りで上がりきるところでキープです。
(腕をピンと張るところまで上体を上げません)
(腰も背筋も反るよりも伸ばすイメージを持ちます)
7. お尻に力を込め、恥骨を床に押し付けます。
(尾骨をくるりと床に落とすイメージを持ちます)
8. 視線は正面をまっすぐに。
9. 肩がすくまないように、肩と耳を離しておきましょう。
(ポーズの完成)
10. この状態で呼吸を行い30秒ほどキープします。
(吸う息で胸を開き、吐く息で肩甲骨を落としましょう)
(ポーズのリリース)
11. 吐く息で上半身を床に戻します。
12. おでこを床につけて呼吸を整えます。

ダヌラアーサナ(弓のポーズ)
1. うつ伏せでまっすぐの姿勢になります。
2. 両膝を曲げて、かかとをお尻のほうに持ってきます。
3. 両足首を両手で外側からしっかり掴みます。
(両膝が腰幅より広くならないように意識します)
4. おでこを床につけてスタンバイです。
5. 呼吸を整えます。
6. 吸う息で、足首を後ろに引きます。
(恥骨を床に押し付けるように意識します)
7. 足首の引きによって上体を上げます。
(膝と太ももが浮いている状態です)
8. 肩甲骨を寄せ胸を突き出します。
(耳と肩はできるだけ遠ざけておきます)
9. 視線は正面です。
(ポーズの完成)
10. 呼吸を意識的に深めて30秒ほどキープします。
(吸う息ごとに足の引きを強めてみましょう)
(ポーズのリリース)
11. ゆっくりと足の引きを緩めて床におろします。
12. 上半身もおなか、胸、おでこを床に戻します。
13. 呼吸を落ち着けて、3回ほど繰り返しましょう。

ウッティタトリコーナーサナ(三角のポーズ)
1.山のポーズでの始まりです。
(呼吸を深くして、気持ちを安定させてから行いましょう)
2.両脚を横に1~1.2m開きます。
3.右足先を外側に向け、左足先は正面かやや内側(60度くらい)に向けます。
(左右の足のかかとの位置を一直線上にします)
4.息を吸いながら両手を肩の高さで左右に開きます。
5.肩の力を抜いて、一度、肩だけ落としましょう。
(手のひらは下向きです)
6.息を吸って背筋を伸ばします。
7.骨盤から上を真横右にずらします。
8.息を吐きながら真横右に上体を倒していきます。
(右腕が下に、左腕が真上になります)
(前かがみになりやすいので真横に倒すことを意識します)
(右脚に重心がかかりやすいので、左足をしっかり踏みしめます)
(骨盤は常に正面をキープします)
9.視線は上げた左手の方向です。
10.右手は脚に沿わせ、足首辺りに置けるのが理想です。
(深く倒せても、手を床に置いてしまうと体勢が崩れます)
(無理はせず、徐々に下げていければOKです)
(ポーズの完成)
11.呼吸ができる位置で30秒ほどキープします。
(左右の転換)
12.息を吸いながら右足で床を押して上体を起こします。
13.足の向きを入れ替えます。(左足が外側、右足が正面)
14.逆側を4.のステップから繰り返します。
(ポーズのリリース)
15.息を吸いながら左足で床を押して上体を起こします。
16.腕をおろして、山のポーズに戻り呼吸を整えます。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ヨガ呼吸法

指で叶えるダイエット!指ヨガが人気

ヨガに解剖学の効果を応用!武蔵小山のヨガスタジオについて

アイアンガーヨガの概要

様々なヨガマットと選び方のコツ

丹田呼吸法とセロトニンの関係

ヨガで消化不調もすっきり!消化機能を高めよう