アーユルヴェーダに基づく三つのドーシャとは

ヨガ

ヨガの親戚、アーユルヴェーダの考えでは、ヴァータ、ピッタ、カパという三つの質に体質や性格などが分けられており、それぞれのドーシャについてケア方法が確立しています。

三つのドーシャとは

「ドーシャ」とは、身体を構成している基本組織のことで、人間だけではなく、動物や物質、時間などすべてのものに存在すると考えられています。ドーシャには「ヴァータ」「ピッタ」「カパ」の3つの種類があり、これらを取りまとめて「トリドーシャ」といいます。アーユルヴェーダでは、このトリドーシャのバランスが保たれている状態が理想とされ、これが整っていれば健康、そのバランスが崩れることで病気になるといわれています。さらに、身体の状態はこころの状態からくるといわれており、心身の相互関係を非常に大切にしています。

ヴァータの特徴

「空」と「風」の要素をあらわすヴァータは、運動・循環、異化作用をあらわしています。体内では、血液の循環や心臓の拍動、神経系のインパルスなどあらゆる「動き」のことを指します。食欲や消化機能は不規則でどか食いなどをしがちです。ただ、いくら食べても太らないなどの痩せの大食いの気質があります。気分にもむらがあり、忙しかったり落ち込んでいたりすると食欲がなくなったり、食べること自体を忘れてしまったりなど不規則になりがちです。尿量は少なく、便秘になりやすく、女性は特に生理不順や生理周期がばらばらになりがちな傾向にあります。

ピッタの特徴

「火」と「水」の要素をあらわすピッタには血液循環、代謝機能、消化吸収、体温の変動や視力、ものごとを理解する知性などの要素があり、これらはすべて火と水のピッタの動きで維持されています。食欲が旺盛で消化力も高いピッタは、おなかがすいてくるといらいらしてきたり怒りっぽくなったりするため、ほかのドーシャと比べて空腹への耐久力が低いです。ヴァータと比べて尿量も多く、便通もよいです。ピッタが乱れると胸焼けや下痢などが起こります、生理周期も安定しており、生理痛もピッタのバランスが取れていれば軽いでしょう。

カパの特徴

「水」と「地」の要素をあらわし、安定、生長、維持、免疫、動化作用を表しています。っ全体的に非常に安定しているドーシャです。食欲はピッタほど旺盛ではないですが、食べることは好きです。ただ、食べる量は少なめで消化力もピッタほど強くはありません。スタミナがあり、3つのドーシャのうち一番断食に向いています。溜め込みやすい性質を持つため、太りやすく、水分を取りすぎたり寝すぎたりするとむくみがでてしまいます。生理周期は安定的ですが、ホルモンバランスによりむくみやすい傾向にあります。

まとめ

アーユルヴェーダの基本となる、3つのドーシャの特徴をみてきました。アーユルヴェーダでは、このドーシャを基準に考えて、そのバランスを崩したときの調整のために足すものがたくさん用意されています、ヨガとアーユルヴェーダはともに自分自身をみつめて自分らしく生きていくことを目的とする、親戚同士のような関係です。アーユルヴェーダの知恵を身につけて、またヨガを続けていくことで自分らしく、心地よい状態に導くことができるでしょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

様々なヨガマットと選び方のコツ

ヨガ用語バンダ、ドリスティ、シークエンス

ヨガ

瞑想や初心者の練習に効果的!ヨガの代表的な座り方について

ヨガで腹筋を鍛える方法

筋肉をしっかり鍛えるポーズ!初心者でも効果を得るパワーヨガ

独特の呼吸法を行うアートオブリビングヨガ