どれ着てヨガする?豊富なヨガパンツの種類

ヨガパンツの選び方

ヨガをするときは、基本的には何を着ていてもいいのですが、安全性だけには配慮してください。例えば、ヨガのポーズの中では、床と身体が密着するものが多くあります。床と身体の間のウェアに金具や結び目があったりすると、ケガの原因になったりすることがあります。シンプルなものでも、素材や作りのラインで十分におしゃれは可能です。またエチケットの面も含めて、毎回の洗濯が可能で、耐久性に優れたものが適しています。薄手の素材では下着が透けたり、サイズが合っていないことで、胸や脚が極端に露出してしまうものも避けたほうがいいでしょう。着心地の悪い素材のものは、ヨガをしている時の集中力の妨げにもなります。長いパンツから短いものまで色々ありますが、ヨガの動きのスタイルに合わせて選んでいきましょう。どんなタイプがあるのかをここで詳しくご紹介します。

ヨガパンツの種類の名前

ヨガ用のウェアとして探しにくい場合でも、下記のキーワードで検索してみると、オンライン上の通信販売や取り扱っているお店を探し出すことができるでしょう。ヨガ用でなくても、「素材」「ストレッチ度」「動きやすさ」「好みの長さ」に配慮すれば、ヨガでも快適に使えるパンツが見つかりやすいでしょう。中でも吸水性とストレッチ度は特に意識して選んでください。

ロングパンツ
フレアカットパンツ
レギンス
ショートパンツ
サルエルパンツ
ガウチョパンツ
カプリパンツ
クロップドパンツ

おすすめのヨガパンツは?

どんなスタイルのヨガでも動きやすいのは、サルエルパンツです。長さも、足首をくるむ長さのものから、ひざ下辺りまでの短いものまであります。メリットはたくさんあって、まずポーズを取るときの脚の動きをまったく妨げることがありません。裾の開いたタイプのヨガパンツは、解放感と着心地はラクなのですが、ポージングの際に裾が動いてしまうのが難点なのです。サルエルはいつでも裾の位置が変わらないので邪魔になることがありません。そして、太ももの締め付けもないので、ストレッチへの抵抗がない点もおすすめです。体形が気になる人でも十分に見た目をカバーしてくれます。

もうひとつ、ヨガのインストラクターでも多いスタイルがレギンスにショートパンツを組み合わせたものです。受講する人たちに足の動きをしっかりデモンストレーションすることにぴったりなんですね。レギンスで足の動きが自分にもインストラクターにもよくわかり、角度や位置を確認して、修正しやすくなります。レギンスだけだとお尻のスタイルが丸出しになってしまうので、嵩張らず、動きの邪魔にもならないショートパンツでコーディネートしている人が増えているようです。レギンスはシンプルなものにして、ワンポイントのショートパンツの柄やカラーで楽しむこともできますね。

上記でご紹介したサルエルパンツやレギンスのスタイルなら、一とするサイズが見つからない!という悩みのある人でも比較的最適なものが見つかりやすいです。脚は合うのにウエストはぶかぶかとか、適度なフィット感が欲しいのに余裕のあるモノばかりしか探せないという細身で小柄な人には特におすすめします。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

捻じる!ヨガで頑固な下腹のお肉をすっきり!

将来に不安を感じ始めたら第1チャクラ、ムラダラを鍛えよう

自律神経と呼吸の関係

ヨガ呼吸法

指で叶えるダイエット!指ヨガが人気

ヨガポーズ身体の部位のサンスクリット語

身体のラインを整えるためのおすすめのヨガポーズ集