痛みを緩和するポーズ!生理痛に効果的なヨガの仕組みについて

月経時に生じる生理痛は、個人差がありますが、日常生活に支障が生じるほどつらい痛みを引き起こす場合もあります。
血行不良の解消、背骨や骨盤を正しい位置に戻す、インナーマッスルを鍛える、自律神経のバランスを整える、などのヨガの効果が、生理痛の原因に作用して痛みや症状を緩和します。
ヨガを自分の習慣にすることで、つらい生理痛の症状を緩和するためのサポートにすることができます。

生理痛の仕組み

出血が始まってから数日の月経初期は、子宮の内膜から分泌されるプロスタグランジンという物質によって子宮が大きく収縮したり、血管が収縮して冷えたりすることがあります。
月経初期に生じた冷えが長く続くと、骨盤などの血行が悪くなり、腰のだるさや重さなどの症状が生じます。
日常生活によって骨盤に歪みが生じている場合は血行が悪くなりやすいため、生理痛の痛みも強くなる傾向があります。
月経初期の生理痛のうち、子宮の収縮を原因とするものは、すぐに痛みを緩和することは難しい傾向があります。
月経後半の骨盤の歪みや血行不良を主な原因とするものは、ヨガのポーズで骨盤の歪みを矯正したり、血行を良くすることで痛みを緩和させることができます。

生理痛とストレス

生理痛は心身のバランスを崩すことで症状が強くなる傾向があります。日常生活の中でストレスが溜まっていくと、心と体に影響を与えて生理痛の原因になります。
生理前後は体の不調によって精神的に不安定になりやすいため、イライラしやすくなったり、落ち込んだりしやすくなります。それによって更にストレスが溜まりやすくなります。
ヨガをすることで心身をリラックスさせることを心がけると、ストレスが溜まりにくくなって生理痛のつらさを緩和することにつながります。

月経中のヨガの注意点

内臓に負担をかけすぎないように、ヨガは食後数時間経過してから行なったほうが安心です。入浴直後も脈が上がっているので、一時間以上経過してから行なったほうがよいです。
月経中は体内の多くの血液が消費されるため、特に生理痛の場合は貧血気味になっていることがあります。大量に汗をかくことで水分が失われると貧血を悪化させることもあるので、ヨガの最中はこまめに水分を補給すると安全です。
月経中にヨガのポーズを取る場合は、あまり無理をせずに気持ちよいと感じる程度で止めておくとよいです。特に生理痛の場合は、痛みを感じるほど強く行うことは避けたほうが無難です。
ヨガのポーズの効果を引き出すためには、ヨガの動きと呼吸に集中することが大切です。
テレビなどを見ながらヨガを行うことで、生理痛の痛みを紛らわせようとすることは、ヨガの効果を半減させることにつながるので逆効果です。
ヨガを行うときは動作と呼吸だけに集中することで、生理痛を緩和する効果を最大限に引き出すことができます。

まとめ

生理痛は日常生活を妨げるほどのつらい痛みや症状を引き起こす場合があります。血行を良くする、骨盤を矯正する、ストレスを解放する、などのヨガの作用によって、生理痛のつらさを緩和することができます。
月経中にヨガを行う場合は、無理をせずに気持ちがいいと感じる程度に抑えておくと安心です。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

検証!ヨガでうつの克服が可能なそのワケとは?

ヨガで巻き肩矯正!まずは歪み度を確認しよう

ポイントおさえて効果的に綺麗!ヨガのレッスンのメイクについて

ストレス性便秘におすすめのヨガポーズ集

第1チャクラを活性化するヨガポーズ

眠りのヨガニードラで究極のリラックス